車を良い状態で長く持たせるには?

aisya

最近は、車を買い替えるよりもリースで借りる人も多いみたいですが、
もし新車で車を買ったならできるだけ長く良い状態で乗りたいですよね。

 

うちの父は車好きで、とくに新車で買った日にはその日から口をすっぱく何度も何度も同じことを注意してきます。

確かに理にかなっていて車を良い状態で長持ちさせたいという気持ちがつたわってくるので父から受け継いだマメ知識をいくつか紹介したいと思います。

 

車で出かける10分前にはエンジンをかける。

これはエンジンを温めることで走り始めの際のエンジンへの負荷を軽減させることができる。

 

・急ブレーキ急発進は厳禁! 急ブレーキ急発進しても目的地に早く着くわけでもなく、ガソリンが消費されるのみ。
タイヤもすり減って予定より早くタイヤチェンジをするはめに。。。

 

アクセルはソフトに踏み込みスピードを出さなければ急ブレーキを踏む必要もない。とのこと。

 

 

・あとは、くねくねの細い山道の走行はできるだけ避けること。
山道はのぼりはアクセルを踏みこまなければいけないし、下りではブレーキを頻繁に連続で踏み続けなければならない。
タイヤにもよくないしエンジンにも必要以上の負荷をかける。さらにくねくね道となるとタイヤが心配ですね(笑)

 

最後に、駐車の際はタイヤをまっすぐにして駐車し終えること。

 

これが父から学んだ車を長持ちさせるマメ知識です。

 

 

コメントは受け付けていません。