車の名義変更の仕方や必要な書類とは?

tetuduki

 

車の名義変更をするのは個人でも簡単に行えます。

 

まずは、必要書類を集めるところから始めてみましょう。

 

名義変更に必要な書類は、

  • 譲渡証明書と
  • 車検証、
  • 自賠責保険証、
  • 自動車税納税証明書です。

これとは別に旧所有者と新所有者に共通で

  • 委任状、
  • 印鑑証明、
  • 実印と認印

 

が必要になります。

 

また、新所有者は

・車庫証明

も用意する必要があります。

 

名義変更の際に記入が必要な申請書などは、

当日陸運局でもらうことができます。

(普通車はお住まいの地域管轄の陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会で手続きを行います。)

 

 

◆名義変更は業者に依頼する方法と、自分でおこなう方法があります。

業者に依頼するのであれば、書類は

 

  • 譲渡証明書
  • 委任状、
  • 印鑑証明書
  • 車検証、
  • 車庫証明

 

の5つでかまいません。

 

自分で手続きをする場合は管轄の陸運局または陸運支局へ行く必要があります。

陸運局で

  • 申請書や
  • 自動車税・自動車取得税申告書

を購入してください。

申請書は見本が用意されていますので記入は簡単です。

 

 

◆別途ナンバーを変更する場合は、現在付けているナンバーを返却する必要があります。

 

その後書類を窓口へ提出し、新しい所有者になった車検証を交付してもらえば手続きは完了です。

 

また、車の名義変更には別途手数料がかかります。

名義変更に必要な手数料は

  • 登録手数料、
  • ナンバー代、
  • 自動車取得税

です。

(自動車取得税は、新車や中古車を購入した価格が、50万以上の場合にかかる税金です。)

 

名義変更の登録手数料は数百円ほどですが、申請書の用紙代が別途100円程度必要になります。

ナンバー変更をおこなう場合、新しいナンバープレートの発行手数料かかります。

 

ナンバープレートの代金は前後合わせて2000円ほどですが、地域によって費用が異なるので、事前に確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。