バイクを処分する場合にも、車と同様の手続きが必要です!

 

もし、バイクを処分する場合には、車と同様に廃車手続きが必要になります。

 

廃車手続きには

  • 一時的に登録を抹消する一時抹消、
  • バイクを解体し登録を抹消する永久抹消

の2つのみです。

 

(仮にバイクが盗難され警察に届け出を提出しただけでは、抹消手続きを行った事にはなりませんのでご注意ください。毎年の税金もかかってしまいますす。)

 

 

一時抹消は、今のバイクに今後未来に乗る予定だけど、とりあえず今は保管しておき税金の差し止めだけはしておきたい方にお勧めです。

 

永久抹消は、もう未来永劫乗らない事が決まっており、解体処分もしてしまいたい方にお勧めです。

 

 

どんな排気量のバイクでも、この一時抹消時は廃車証明書という書類が発行されますので、必ず紛失しないように保管しておきましょう。バイクの再登録時に必要になります。

 

 

手続きに行く機関は、125cc以下であれば、標識番号(ナンバープレート)を管轄する区市役所となり、それ以上の排気量の場合は陸運局になります。

 

(126cc以上の場合は、都道府県により軽自動車検査協会になるケースもありますが、ほとんどの地域で陸運局が手続きを請け負っています。)

 

 

バイクは車と違って、排気量により手続き場所や内容が変わる点を注意点として挙げておきます。

 

 

また、永久抹消をする場合は廃車手続きをし、解体業者へバイクを持ち込むといった順番までが必要になります。

 

 

ナンバープレートはレンタル品のため廃車時に必ず返納しなければいけませんので、解体時に一緒に処分しない点も注意して下さい。

 

 

解体業者に頼まず、部品取りとして自分でバラバラに分解される方も居ますが、残った部品は処分に困るのが実際のところです。

 

特にタイヤやバッテリー類は適当に捨てるわけにはいきません。

 

粗大ごみとして有料で処分せざるを得ませんから、無駄に費用が掛かってしまいます。

 

 

解体業者によっては例えば鉄くずが資源になることで、手間賃を取らずに解体処分してもらえる場合もあります。

 

 

バイクは小さいので車ほどの資源価値はありませんが、車体によっては買取可のケースもあります。

 

 

もし、時間的な問題や運搬方法などで処分に困っているのであれば、価値を付けてくれる業者を見つけて引取してもらう事も検討して下さい。

 

e-バイク廃車.com

(廃車にするバイクでも買取業者を見つける方法から、手続きや必要書類、注意点を記載した専門サイトです。)

 

 

最後に、もう公道を走らないと決めた場合(盗難や紛失も含む)には、必ずすぐにでも廃車手続きを行うという事を覚えておいて下さい。

 

手続きを行う事で納税義務は無くなり、また時期が早ければ還付金の恩恵も受けられます。

 

 

コメントは受け付けていません。